エゾビタキ親子

25295_1.jpg
25295_2.jpg
25295_3.jpg
25295_5.jpg
25295_6.jpg
25295_7.jpg
25295_8.jpg
25295_9.jpg
25295_10.jpg

渡りの季節に親子の給餌シーン いつ見ても可愛い ほほえましい
見た目にはわからないが もう既に親と変わらない大きさ 渡って行くまでには独り立ちなんだろう

オオアカゲラ

206A3972_1024.jpg

9月になってエノキやほうのみが熟してきた 時々ゲラの仲間だやってくる
6月以来だわ。
206A3964_1024.jpg
206A3956_1024.jpg
206A3954_1024.jpg
206A3949_1024.jpg
206A3948_1024.jpg
206A3934_1024.jpg
206A3930_1024.jpg
206A3921_1024.jpg

オオアカゲラ

孫と手芸店へ行った
あそこは一日見ていても飽きないぐらいに作りたいものが売っているよ
娘の家で昼ご飯を頂き帰宅した。

オオルリ

206A5660_1024.jpg
206A5662_1024.jpg
206A5407_1024.jpg
206A4022_1024.jpg
206A4068_1024.jpg
206A4095_1024.jpg
206A4107_1024.jpg
206A4110_1024.jpg
206A4134_1024.jpg

綺麗な成鳥が滅多に出なくなった
観音様では遅くまでオオルリが子育てをやっていたのでその子たちだろうか?アカメガシワの実を食べに時々出てくる
広場から見えるところに4本のアカメガシワの木がある 目白が集まれば小鳥たちも順番に出てくる。
小鳥たちは長居はしない こんなに小さな実を一粒食べれば飛び去る 一瞬の勝負 勝負!!

コサメビタキ

地元の山でも繁殖しているが最近では繁殖期には」ほとんど見かけることもない
鳥のほうも見つからないところに巣をかけるし以前のように見つけられない。したがってここ数年雛も見ていない。
木の実が熟してこの時期になってやっと見かける。
エゾビタキもみるので渡りかも知れないが。
206A5344_1024.jpg
206A5437_1024.jpg
206A5452_1024.jpg
206A5453_1024.jpg
206A5454_1024.jpg
206A5469_1024.jpg

アカメガシワの実をパックンした。 9月23日撮影。

今年の京都は雨が少ないわ 待望の雨が朝から降ってるよ。



孫からのプレゼント

206A6404_1024.jpg
予想外のプレゼントは嬉しいねぇ
帽子に使ったよ ありがとうね。

この所毎日近場の山に行ってる
出てくれる小鳥たちが夏鳥から渡りの鳥に変わってきた。
溜まった画像をおいおい投稿したいと思っている
posted by りっきー at 07:05Comment(0)可愛い

キビタキ幼鳥

206A1567_1024.jpg

アカメガシワにキビタキの幼鳥が止まった
熟したんだろうね 度の実も小さな黒い種がびっしりと見える
一つの実にほとんど長居をすることが少ない小鳥たち この子は長居だった
今までにも初めて幼鳥が出た時は同じところにジーとしていたけど姿を見ればこの子もまだ幼い。
206A1568_1024.jpg
206A1571_1024.jpg
206A1573_1024.jpg
206A1609_1024.jpg
206A1614_1024.jpg
206A1623_1024.jpg

やっとやわぁ~

206A0858_1024.jpg

小鳥たちは長居してくれない
たった一粒の木の実をパックンして慌ただしく去ってしまう

出て来てもかくれんぼ上手で葉陰に

206A0867_1024.jpg206A0845_1024.jpg206A0836_1024.jpg206A0768_1024.jpg