地元でアオバズク

樫の木らしい 大きな洞が4個ほどあってそのうちの一つが巣らしい
以前、この洞に梟かアオバズクが来たらいいなぁ~と思っていた
夜になると一帯で鳴き声が聞こえるようなので知り合いに頼んでいたら昨日連絡があった
今日行って見る。
直ぐ傍らの木に雌が見張っている。
IMG_2279.jpgIMG_2294.jpgIMG_2308.jpgIMG_2326.jpgIMG_2333.jpgIMG_2251a.jpg
親鳥は巣を見ているのだろうが瞳に写っているのは社務所脇に止めてあった車

 雛は巣から二回落ちたそうで神社の方がバケツに入れて巣の周りに吊ってあった
今朝までは生きていたそうだが私が出かけた午後に死んだようで入れ物を下ろして見せてくださった
折角の地元での繁殖だったが残念だ。

オオルリ7月④

梅雨明けに近いようで連日夕方に雨が降る 遠くで雷もなっているが先日のように飛び上がるほどのこともない。
涼みがてらに近場の山で午前中を過ごす
幼鳥の出は悪いけど子育てから開放された成鳥が良く出てくるIMG_9539.jpgIMG_9719.jpgIMG_9869.jpgIMG_9851.jpgIMG_9829.jpgIMG_9811.jpgIMG_9804.jpgIMG_9645.jpgIMG_9597.jpgIMG_9841.jpg最後は鹿さん 鹿は必ず立ち止まって見ている 私も見ていると斜面を駆け上がっていった。