大瑠璃 雌


206A9273.jpg

206A9347.jpg
206A9402.jpg
206A9407.jpg
206A9410.jpg
206A9412.jpg
206A9416.jpg
206A9606.jpg
206A9621.jpg
206A9689.jpg
206A9731.jpg
6月3日撮影。

林道の上り口でも一箇所巣があった。
昨日帰りに覗いたら目もはっきり開いていたし もう程なく巣立つだろうと思っていた。
今朝見たら既に巣立っていた・・・うぅん・・・昨日もう一時間粘ればよかったのかなぁ~

大瑠璃雛 巣立ち

6月3日撮影から
206A0062.jpg
206A9894.jpg
206A0101.jpg

206A0105.jpg
206A0106.jpg
206A0108.jpg
206A0109.jpg
206A0110.jpg
206A0112.jpg
206A0113.jpg
206A0053.jpg
206A0084.jpg
206A0093.jpg
前日の帰りに大瑠璃が良く鳴いているので暫く見ていたが見つけられないままに帰宅
なんとなく様子が違っていたので当日も立ち止まる。時々雌が姿を見えるも同じ動作を繰り返すばかり。
「巣ってこういう棚に作るんだわねぇ~」と仲間に話しながら棚を触ったらなにやら飛び出した。
「え!!なに雛やったん???」
その後二分ほどして3羽飛び出す もうかなり飛ぶ。
見ているほうはわけが分からず戸惑うばかり 飛んでいった方向を探しても見つからないし 周りにヒヨドリもいて余計に分からない。
「ヒヨドリの巣ってどんなん?」「見たことない」と こ一時間。
振り返れば雌が林道の羊歯のところでホバリングをしている。近づいたら今度は雛が山のほうに入った。
諦めかけたころ仲間が「目の前を何か飛んだ」といって川原にいる雛を見つけた。
小さな雛でも飛ぶ速度は早い。
過去何回も大瑠璃の巣立ちは見てきたけれどゆっくり巣立っていった こんな経験も初めて 改めてわからんもんやわの感想。