栗鼠

206A8414.jpg
 桂の紅葉 背景はもみじ
今の時期所疏水歩きの楽しみはこの桂の木 黄葉した葉からは甘い香りが漂う 少し香りは低くても落ち葉からも匂って来る。
良い気分だね~

山科疏水を歩いた。先ず鴛鴦の池に、手前の舗装道路には小さな団栗が沢山落ちている「期待できるな~」と思ったけど空振りで留守やった
帰りも覗いたがやはり居なかった。
 何時から工事が行われてるのか?フェンスの奥から山に伸びる道が出来ている 何のためかな 一般人は入れずとも人が歩けば当然鳥は出てこない。 もうかなり前になるが天ケ瀬ダム下流でも写せていた鴛鴦も環境が変わり今は来なくなっている。
小鳥は高い場所でメジロぐらい 他には何も見かけない。

 毘沙門堂方面との分岐まで登山道を歩く 暫く待つと奥の方で何か動いた 栗鼠・・・気づくのが遅く先に気づかれ僅かのカットやった。
以前のポイントに出て来る まだ同じような行動を取ってるんやわ 今日も行って見ようかな。
206A8466.jpg206A8467.jpg

posted by りっきー at 07:01Comment(0)動物

メジロの水浴び

良く見かける水炉のメジロの水浴び 頻繁に撮っているので遠くから眺めていたが仕草が可愛くってシャッターを切った
良い顔してるね。
206A7094.jpg
206A7103.jpg
206A7130.jpg
206A7135.jpg
206A7168.jpg
206A7169.jpg
posted by りっきー at 08:40Comment(0)メジロ

思い違いだった?

昨日は通院日やった。主治医が学会で留守、で 代役の先生との話のなかで薬の副作用と思われる日焼け炎症のことを聞いた
私はニベアの50++++を使っている 先生が言うには50++++にsp+++の二種類の表示が無ければいけないとのことやった。
薬の表示に「直射日光(紫外線)と書いてあるからわたし何時も日陰にいた 直射日光は勿論のことで日陰だって炎症を起こすんだって。
直射日光だから直に太陽を浴びなければいいものと思っていたしこの7ヶ月以上そんな生活をしてきた。
手袋は二重でも大丈夫だけど顔と首は無理やわ どんどん生活がやりにくくなっていく。

206A5692.jpg206A5704.jpg206A5707.jpg206A5753.jpg

カラスザンショウにやってきたアオゲラ。

蝶々

25103_1.jpg
206A8045.jpg

紫蜆  ここにきて頻繁に見かける 
25103_2.jpg25103_4.jpg25103_3.jpg25103_4.jpg25103_5.jpg
浅黄斑 撮影11月2日
フジバカマにたったの一頭だけのこっていた 
このポイントには幼虫の餌になる貴○○が○の部分を思い出せない 蔦があった
ここで繁殖すると聞いたが どうなんやろね
25103_6.jpg
ツマグロヒョウモン雌
posted by りっきー at 19:57Comment(0)

アオゲラ

206A3782.jpg206A3785.jpg206A3788.jpg206A4268.jpg206A4271.jpg
アオゲラ

穏やかな日曜日 歩きをかねて夏場楽しんだ自宅近くの山へ行った。
往復4km 思ったよりしんどくなかった 北の山と大差ないわ。
広場前では紅葉が進んできている 上りは逆光なので透かし見えるもみじはきれいやった
IMG_0609.jpgIMG_0611.jpgIMG_0615.jpg

暫く広場に座って鳥の様子を見ていたが良く出ていたヤマガラの水浴びを確認したのみ。

ムギマキ⑤

a.jpg206A4759.jpg206A4711.jpg
ムギマキ
同じところに出てくるので似たような画像ばかりになってしまうよ。

一日休むと足もかなり楽になる 今日は3kmほど歩いた 昨日キクイタダキが疏水では出たようなので林道も居るのではと思ったけど見当たらなかった うーん待ち遠しいよ。

キビタキ



206A2723.jpg
キビタキ雄

木枯らし一号が吹いた後は穏やかな日々が続いている
まだ居残っているキビタキ雌雄 カラスザンショウの実を啄ばみに頻繁に出てくる。
206A1674.jpg206A2195.jpg206A2201.jpg