オオルリ雌

はきりしない空模様だったが梅雨の最中だし近場に出かけた
いつものようにAコースから探鳥 3箇所でオオルリが囀っている まだ高い木の上だった
キビタキ 三光鳥の鳴き声も聞こえるが出てこない
2番目のポイントへ
キビタキの大きな声が聞こえるのでゆっくり歩いたが見つからない
同時にオオルリの優しい声と舌打ちのような音 威嚇してるから辺りを見回すと雌が餌を咥えていた206A8502.jpg
近づくと逃げる しっかり見られている206A8507.jpg206A8699.jpg206A8731.jpg206A8764.jpg206A8814.jpg
近くに巣あるいは雛でも居るかもと思って見ていたが結局見つけられなかった
餌運びの様子では頻繁ではないので雛が孵って間もないのかも知れない
3時間ほど見ていたが不思議なことに雄は一度も見なかった。

この記事へのコメント