キビタキ幼鳥

206A1567_1024.jpg

アカメガシワにキビタキの幼鳥が止まった
熟したんだろうね 度の実も小さな黒い種がびっしりと見える
一つの実にほとんど長居をすることが少ない小鳥たち この子は長居だった
今までにも初めて幼鳥が出た時は同じところにジーとしていたけど姿を見ればこの子もまだ幼い。
206A1568_1024.jpg
206A1571_1024.jpg
206A1573_1024.jpg
206A1609_1024.jpg
206A1614_1024.jpg
206A1623_1024.jpg

幼鳥

206A6277.jpg
206A6291.jpg
206A6302.jpg
206A6431.jpg

一番見分けがつかない時期の幼鳥 多分キビタキのこどもかなぁ~

今この時期でも子育て中もいるようだが概ね一段落で幼鳥は独り立ちしている
合歓の花も満開になっているしぼちぼち出てくるころと山道の裏のほうを歩いた
何ヶ所かで幼鳥を見かけたが何の子供やらはっきりわからない。

キビタキ雛

25233_1.jpg
25233_2.jpg

キビタキ雛 執念で探した

 前日は親が餌を運んでいるシーンを見ていたのでもうぼちぼち雛が出てくるかもと坂道を上りかけた
毎日歩きの家族と出会い「昨日行き帰りで雛を同じところで見た」との話からダメもとで歩く。
親は鳴いているから近くに雛もいるはずやけど見つからず一時間ほどして坂を下りた
半分ぐらい下りたところで三光鳥の声 近い!!と再び急坂を歩く が休みながらのヨタヨタ歩きでは間に合うはずもなく諦めて下りた
登り口まで来たら仲間と出会う そこで三度坂を上ることに  

保護色の雛 直ぐには見つからないよ 親の動きと共に色のない小鳥が前の木に止まった 目を凝らしてみたら「雛!!」
急いでシャッターを押したよ。背景が明るい それに山中なのでISOは大きくSSはすくないはっきりしない画像になったけど ま、いいか 
キビタキ雛は初物と思っていたが過去3回は撮影で来てた。

25233_3.jpg25233_4.jpg25233_5.jpg25233_6.jpg

巣立ち二日でもうしっかり飛んだよ 横向いて前向いてのわずかな枚数。
25233_7.jpg
25233_8.jpg
25233_9.jpg
25233_10.jpg

餌を運ぶ雄親。
二日連続でキビタキ沢山撮った 梅雨に入りそうやし後日にでも。


キビタキ 今季初物

206A3132.jpg

キビタキ 大きな声なので近くにいるはずなんやけどなかなか見つけられない
見つけたころには移動されて今年も手強いと思っていたが この子は相方がまだ見つからないのか長い時間囀っていた。
でもやっとやわぁ~
206A3127.jpg206A3148.jpg206A3173.jpg206A3193.jpg206A3229.jpg206A3252.jpg

最後のキビ君かな?

206A7001.jpg
206A7000.jpg
206A6999.jpg
206A6997.jpg

毎年遅くまで居残ってカラスザンショウの実を啄ばむキビタキ雄 もう見かけなくなった
南を目指して帰ったんだね
また来年楽しませてよね。

キビタキ



206A2723.jpg
キビタキ雄

木枯らし一号が吹いた後は穏やかな日々が続いている
まだ居残っているキビタキ雌雄 カラスザンショウの実を啄ばみに頻繁に出てくる。
206A1674.jpg206A2195.jpg206A2201.jpg

多分もう最後だろうな

206A0925.jpg

最盛期は鳴き声ばかりでさっぱりのキビタキ雄やったけど9月になって頻繁に見られるようになっていた
しかし14日からぱったり姿を見せなくなってしまった
去年までは北の山で10月末までは見られたが今年は急な坂が歩けないので多分最後になると思う。
206A0958.jpg206A0985.jpg206A0926.jpg206A0917.jpg206A0893.jpg

今雨は降ってないけど鈍よりの空模様 今日も家でごろごろ生活でしょう。